GIFFORDS HALL VINEYARD

イギリスでは、古くからワイン造りが行われており、多くはとても小規模ですが、約400ものワイナリーが存在します。

近年、シャンパーニュ製法で造ったスパークリング・ワインが国際大会で金賞を受賞したのを皮切りに国際舞台で脚光を浴びるに至りました。また、最近の地球温暖化の影響も受け、より一層ワイン栽培に適した土壌へと変化を遂げています。

ロンドンの北東、イースト・アングリア(ノーフォーク州、サフォーク州、エセックス州の3州の総称)のエリアは、フランス・ブルゴーニュ地方より降水量が少ないということで、英国内ではローマ時代よりブドウの栽培がおこなわれていたという場所です。

元々、ワイナリーをしていた英国人より現オーナー兼醸造家のハワード夫妻が2004年にワイナリーを購入し、葡萄樹の植え替えやカーブの改装などを行い、2005年に初リリースしました。

2009年ヴィンテージにやっとブランド確立に成功し、国内コンクールにて賞を受賞するに至りました。

粘土質に囲まれた砂礫ローム層にて12haを所有しブドウを栽培しています。

 

04191311_55332b094d444